Loading

COLUMN-コラム-

あなたがりんご飴を差別化して売るとして、、、

『1000万稼ぐ言葉アソビ。。』

売る、喋る。をテーマでイキましょー。

USP【独自の強み】をみつけよう。

営業、プレゼンをする時何をオススメして押したらいいかわからない人多いんじゃないでしょうか。

モノが溢れ、サービスも多様化した現在、自社だけのオリジナル商品を作ることがかなり難しくなっているように思います。

アイフォンしかり、保険しかり、WiFiなんかも同じようなモノが多いですよね。

そもそも僕達はこれからオンリーワンの商品を売ることはあるのでしょうか。

では他者と同じような商品を人より多く売り最強の営業マンへと近づくためには、どうすればいいのか。

かなり確立は低いと思います。

だからこそ商品を販売する時に必要になるのは独自の強み。

同業の商品に比べてどこが優れているか。

これを考えるのがとても大事です。

自社の商品のどこが魅力かではなく、他社と比べて何が優れているのかです。

その強みがお客さんの悩みを解決するものですよ。

と伝えることが大事です。

自社の商品の強みいえますか?

言えない人は考えてみましょう。

そして我ら営業マンのいいところは、その強みを【自分】にできるところです。

商品は同じでも、買う人が違えばサポートも紹介できる人脈、教えられる知識も人によって変わります。

その中で僕が営業をやっていて思うことは、自分から買う一番の意味。

お客さんの求めていることは

【話を聞いてくれること】

でした。

知識でも人脈でもなく、しっかり話を聞いてくれることが一番お客さんが喜びます。

時には嬉しい話、ときには情けない話。

人は話せば話すほど相手の事を信用しようとします。

皆さん自分の売っている商品を買ってくれそうな人の話を聞く時間を作っていますか。

そんな相談相手が近くにいるだけでも商品を買う意味に変わると思います。

聞くこと以外にも自分自身の強みを、独自のウリにして他者との差別化をしてください。

あなたの強みは何ですか?

夏祭りに同じリンゴ飴のお店があったら売上がバラけてしまいますよね。

同じモノを売っているんですから、当然です。

安くするか、リンゴ飴の量を増やすのか、2つセットだと安くするのか、看板を目立つものに変えるのか、そして楽しい会話を提供するのか。

どれでもいいので自分のやっているビジネスの中で考えてみてください。

【鬼:新規獲得セールス】Yutaro

天気の子とRADWIMPS

〇〇な人はお金を稼げる人

関連記事

  1. 誰に伝えるか?

    2019.03.08
  2. 結婚式動画が下手でもいい理由

    2019.08.31
  3. ふるさと納税戦法

    2019.08.16
  4. 機械から人へ

    2019.04.22
  5. 数をこなすのが苦手なあなたへ

    2019.04.12
  6. 信用されよう

    2019.04.05
PAGE TOP