Loading

COLUMN-コラム-

他者からみたあなたの判断基準

「ビジネスは思いを伝えることだ!」

「いつも寝ずに頑張ってる」

「努力してるのに自分だけ評価されない」

そう思っているアナタに質問です。

A.最近ノリにのってる都内で1番アツいビジネスマン

B.1ヵ月で500万稼いだビジネスマン

どっちが信頼ができ、評価が高いでしょうか?

今ここで考えてみてください!


、、
、、、

大多数がBを選択したと思います。

違いは゛数字の差゛です。

Aには語れる数字が無いため

「ノリにのっている」や「アツい」

などの主観情報しかありません。

誰でも適当に盛れば言えることです。

Aにつく言葉はアイドルなら

「100年に1人の天才」

などの誰基準かもわからない売り文句だけ。

それに対しBは、具体的な数字であり客観的情報(自分で盛れない)ので信頼に値します。

僕ならAよりも、Bから買いたいですね!

つまり人はアナタの事を、

「数字」

でしか判断しないという事です。

その数字が無い人間につくのは

「ビジネス世界に舞い降りた天才異端児」

などの胡散臭い帯だけ、、、

アナタはどっちになりたいですか?

Bになりたいなら、全て「数字」で語りましょう。

ちなみにBで語ったのは僕の実績です。

ビジネス始めた6ヵ月目の時ですね。

その実績を語るだけでAのような主観情報の人間と、差別化を図れ圧倒的に話を聞いてくれます。

なので自分の行動・過去は数字で語るようにしましょう!

実績に関しては特に!です。

「じゃあ語れる実績が無い場合はどうしたらいいですか?」

なんて質問が飛んできそうですが、それは行動してください!

としか言えませんw

正しい勉強をすれば実績はすぐ出るので何か間違っているハズ。

実績を出すなんて簡単です。

本当に難しいのは、

゛実績を出し続けること゛

継続的に稼ぐのが1番難しい。

けどこれが出来てるのが、僕の中の成功者の定義です。

単発なら誰でも稼げます。

脱サラなんて実は難しい事ではありません。

継続して稼げない人は、地元にあるよく潰れる店と同じ。

はたしてそれでも成功者と言えるのでしょうか?

実績を作るとはゴールではなくその先の

゛通過点゛

でしかないのです!

現状に甘んじちゃダメですよ!

常に結果を出し続け、数字で語れる人になりましょうね!

そんな人間が最高に゛カッコイイ゛ですよ!!

ではでは、

【炎の教育者】 Seima

営業が最強

コピーライティングを身につけていく上での注意点

関連記事

  1. 仕事とは

    2019.05.13
  2. 常識が正しいとは限らない

    2019.03.11
  3. ビジネスは○○で語れ

    2019.07.15
  4. あなたの真っ白なキャンバスに描く人は誰か?

    2019.02.11
  5. 感謝される人は稼げる人

    2019.06.03
  6. 出来る人と出来ない人の違い

    2019.02.18
PAGE TOP