Loading

COLUMN-コラム-

五感を研ぎ澄ませ

こんばんは(^^)
【ビジネスマンの専門医】SAITO です。


お客さんと対面でセールスをするときにあなたはどこを見たり、どんなことを考えたりしていますか?

緊張して目が泳いでしまったり、声が小さくなってしまったり、最初はうまくいかないことの方が多いですよね。

・何を話せば良いの?

・目線はどこに置けば良いの?

・手はどうすれば良いの?

・席はどこに座れば良いの?

・店員さんはどっちが呼べばい良いの?

細かいことまで考えるとたくさんのポイントがあるのでここでは話しきれませんし、以前2月18日の

【出来る人と出来ない人の違い】

で僕も話したり、最近のYutaroさんの記事にもあるように、真似や完コピできれば月収100万円なんて余裕でいってしまうので、詳細についてはここでは話せません。


その中でもこれだけで劇的に変化を起こすことができると思うのでお話ししますがセールスをする時にあなたがするべきポイントとは

【五感を研ぎ澄ます】

ということです。

「何を話したら良いのかわからない」

「上手いこと話そうとして話が長くなってしまう」

「カッコつけようと横文字を多用して相手に伝わらない」

売れない人がよく陥ってしまうパターンですが、正直話の内容なんてそこまで重要じゃないんですよね。

自分が話す内容よりも

【相手がどんな反応をしているか】

それが全てです。

ベクトルを自分に向けるのではなく相手に向けることを癖づけてください。

相手は何を考えていて何を欲していて何に興味を持っているのか。

それを力まず自然と正確に受け取るためには普段から五感を研ぎ澄ませる訓練をしながら生活をすることがとっても大事です。

セールスが出来るようになれば異性からモテるようにもなるし、恋愛も上手くいきますよ♪


【ビジネスマンの専門医】SAITO

ラクするために真似をする

あなたが商品・サービスを安く売ってはいけない理由

関連記事

  1. 〇〇な人はお金を稼げる人

    2019.08.05
  2. 良い人止まりにならないために

    2019.06.24
  3. 成功者の9割が実践している正しいお金の使い方①

    2019.02.25
  4. 飲み会からビジネスを学ぶ

    2019.09.16
  5. 富士山からビジネスを学ぶ

    2019.08.26
  6. 最速最短で結果を出すにはマインドは不可欠?

    2019.01.21
PAGE TOP